未題

短編より短い短編小説

郷愁

朝起きて、喉の痛みを感じる。頭が熱い。きのう突っ込んだ指と、内臓への負担を考えると妥当な結果だとおもう。夜中になると突然発熱する身体をなんとかねじ伏せ越える夜、わたしは知らないうちなにか禍々しい化物を抑圧し生きていると痛感する。 怒りはたま…

長いグラウンドラン

「おねえちゃん、もう不幸せに逃げるのはやめたいんだ。自分を、変えたいんだ。」 ひさしぶりにかかってきた電話を取って開口いちばんそう言うと、弟はうん、と頷いた。

衝突事故

彼はよぼよぼの身体にぱりぱりの一張羅でやってきた。75歳にしては顔がつるりと光っていて、わたしははじめ、それがなにを意味するのかよくわかってはいなかった。 ひさしぶりだね、彼は言い、おひさしぶりです、わたしも言う。さて、いこうかと連れていかれ…

雪解け

堪えるしかない。どんなに孤独を感じても。見返りはなくとも。やりたいからやっている、その意思をもって。変えるのは相手じゃない、自分だ。 誤魔化しも、焦りも、受けとめられるのは自分だけ。この自分をもって、堪えて堪えて堪えて、乗り切る。だれにも任…

踏み出す、踏み出す。

幸せに浸り泣きそうになるときがある。いまがあまりに幸せすぎるから、この幸せが溶けて消えたときわたしは、もういままでの自分のまま生きることがむずかしくなるようにおもう。 幸せを掴むと幸せがなくなる気がする。幸せの味をおぼえてしまうのがこわい。…

「二重人格」

わたしのなかに生まれつつあるもうひとりの人格が、強烈な存在感をもって現実を後押ししてくれる。彼女は理想だ。もちろん聖人ではないけれど、切り離された姿にはひととしての強さとやさしさが詰まっている。 わたしがどんなに嘆こうと、彼女はぐいとわたし…

幸せの準備

長らく囚われていた不幸思想からようやく脱却できるかもしれない、光をみて、つぎの瞬間には引き戻される現実に、いつでも絶望の色をみていた。 とどのつまり思い込みだ、おもいはするけれど、理解と実践の間には深い深い谷底がある、それが難題だ。と起き抜…

自然的療養、或いは遊戯。

さびしくて泣いている。拒絶された苦しみというより、とてもやんわり、線を引かれたことに泣いている。仕方ないとわかっている。それでも、自らの素直さにより断ってしまった道を憂いている。それは仕方のないことだよ、あれもこれもは取れないんだよ。やさ…

無自覚の背信

絶句した。今朝の一発は相当響いた。あんまりびっくりしたので、びっくりしたことがわからないよう、感情が一気に反作用を起こしたくらいだ。 まだ信じていなくてよかった。傷が浅くてよかった。穏やかな未来を描いていなくてよかった。こころを許していなく…

メビウスの輪

なけなしのSOSは気づかれなかった、というより、わたしのほうがどうかしている。焦りもあるけれど、根本的恐怖から逃れるため出したそれが打ち払われ、目覚めの一発にしてはあまりに手痛いビンタに、おもわずわんわん声をあげ泣く。 「いきたくないよ、もう…

信じる意思

「わたしのアイデンティティはがんばることだけ、だから、がんばれなくなったらもう用済みなの。」 電話口で、彼女は黙っていた。これまでため込んだ苦しみがおもわず涙としてこぼれる。

決断力不足

この世はまっくろけだよ。どうせまっくろけだよ。きれいにみせることができるだけだよ。感情の美しさに愛の湧くほんの瞬間だけ、あとはどんよりよどんでる。

生還の代償

自らの叫びを発することにより一瞬は落ち着くけれど、その後自身の発言がどんどんと退路を断っていく現実に気づく。さっと青ざめ、冷めたもうひとりの自分が、毎分毎秒トランスにはいりつづけるのを酷く斜に構えてみている。

本能的拒絶

疑心暗鬼がとまらない。特定のだれかに向け疑いの念をかける感覚に慣れない。いままでは逃げてきた、こわくなったら信じなければよかった。どちらにせよ理性でひとは信じられないけれど、遠まきに距離を取ることで凌いできた。ほんとうに信じて差し出して、…

重ね重ね

ろくに休めちゃいないくせ追いうちをかける業務メールに面喰らい、なにか差し出せばそれだけさらに高いハードルを課せられる期待の片鱗を垣間みて、わたしはぐう、と唸った。予測していなかったことがどんどん起こる、こりゃすごい。

湧き水

頭がぼーっとする。目覚めると午後5時、身体がだるい。なにかしなければ、起こそうとしても動かない上半身、もしかすると必要以上にだれかの悲哀を吸い取ってしまったかもしれない。言動から滲み出る人間のあれこれをわたしはたべて生きている。そうして蓄積…

打って、響く。

文学を笠に着て長らく立て篭もりつづけた精神を開け放つには、示唆的表現の内包する痛々しさに一度目を向ける必要がある。愛だ執着だ生だ死だの、そんなことを語るより先にごはんをたべてよくねむる。 だからといって、振り返り浮かぶその恥についてわたしは…

闘いたい。

苦しみから解放されたとおもったらまた新たな苦しみが迫ってきて、考えても考えてもキリがなくて、熱が出て、火照る身体を横たえて、それでもねむれないからまた起きる。パソコンを開いて、絵を描いて、ああでもないこうでもないと精神世界に潜りこむ。

分岐あり

「ほんとうに迷惑してるの。彼ってばちょっとワケありらしいんだけれど、だからって夜中に毎日電話がかかってくるのよ。よう、元気か。いまなにしてるって。妙にテンション高くって。そんなのくりかえされたらたまったもんじゃないわ。」

愛のポーズ

「お花、ありがとう。」 一瞬なんのことかわからなかった、或いは手紙のことを言われているのかともおもった。けれど彼女のそれが皮肉だとわかった途端、ぞくりと走った悪寒はまるで真夜中のメリーさんだった。 「もしもし、いまあなたのうしろにいるの。」

凌ぐ

夜中になるとむせび泣く。自身の正義の是非を問う。本質にみえる道を辿っても、それが本質だという保証はどこにもない。もしかしたら圧倒的勘違いを誇示しているだけかもしれない。だとして、自身はいったい他者になにを伝えられるというのだろう。

からり

元気か、問われ、巡る元気に対応する単語を頭のなかいっぱいに散りばめてみる。どれも言語としては不確定で、黒く霧がかかったそれを口から出すにはあまりに曖昧で、心許ない。 「げ、元気、ですか?え、えーっと。」

夢を叶える

目の前のだれかと視線が合わないと不安で、一瞬でもそっぽを向かれるのがとてもこわいから、わたしはいつでもだれかと繋がっていたくて、迷子のこどものようにそればかりさがしている。 不安をそのまま声に出し眉をへの字に押し曲げると、必ずだれかがわたし…

みかわし

にたりと弧を描く目尻にぞくりと悪寒が走る。そんな目でみてくれるな、おもう。好色はきらいだ。覗き込むよう顔を近づけられる刹那、その男の所有欲を垣間みる。わたしは所有物ではない。マスコットでもない。ひとりの人間だ。 「どちらかを選ぶといい。ここ…

嘘、含み真実

休みなんてなくっていい。そんなことより認めてほしい。身体が動かないなら、頭を動かせばいい。 右足の甲の痛みがどこからきたのか、わたしには皆目見当もつかなかった。もしかすると1週間以上前の捻りがようやく浮上してきたのかもしれない。不自由を感じ…

かわりばんこ

「もう二度とわたしに連絡してこないでください。」 かかわろうとすると片っ端からかかるストップの声にはもう慣れた。結局のところ、自身に害の被る範囲に及べばひとは、そのひと自身を受け容れることができない。では自ら打てる方策として、必要以上にひと…

愛しのサリンジャー

自殺した山田花子に足りなかったのはただひとつ演じ切るということだ。あらゆる状況においてひとつの膜を張りつけたままいつでも舞台に立っている意識さえあれば、ひとは致命傷を避けることができる。 一度開け放ったら最後無防備、丸腰であらゆるひとびとの…

ゆらぎ

自分が弱いとおもう。承認欲求に塗れている。顕示する自己がなくとも、気づけば他者を求めている。反応がないと不安になる。 「自分を大切にしてね。」 何度言われても、どうすればいいかわからない。

なけなしの。

ねえ、そんなにがんばらなくっていいんだよ。君はいま、くたくたになって動かない身体を無理やり奮起させようと躍起になっているだけなんだ。現にそうだろう、帰って口のなかいっぱいに詰め込んだどうでもいいあれこれを吐き戻して、エンジンさえ積むことを…

やりすごし

我が家には炊飯器がない。炊飯器どころか、鍋のひとつもない。言うと彼は、ひとまず包丁でも買ってみればと言った。わたしはそれもそうだとおもい、大した料理をしないにしろ、キャベツくらい千切りするに越したことないな、と納得した。 「けれど包丁って高…

作為的策士

まわりをみると天才だらけだった、天才だらけでどうしようもなかった。天然は武器だ、脅威だ。本人にさえ気づかない強烈な魅力を発しながらまわりを巻き込んでいく。良きひとのところには良きひとが集う。そのようすを目の当たりにし、我ながらびっくりして…

お裾分けの輪

ふんわりタバコの香りがする。となりに座るサラリーマンが一日しこたま背負った疲れを、わたしの肩にあずけている。お疲れさまです、おもう。お仕事ありがとうございます。 たまたまとなりに座った彼の日々の事情など知らないけれど、時折がくんと頭を落とす…

覚悟のアップデート

頭が弾け飛んだ、同時にスマホをなくした、歯がぽきりと折れた。物事は連なるものだ、或いは、それまで頑なに拒んでいた力が反作用で瞬発する。懐疑的である、故に妄信的である、二律背反する思想のバランスが取れるときひとははじめて素直になれる。含蓄す…

余剰の心配

朝の3時に大福をたべる。4時にパイの実をたべる。5時にバウムクーヘンをたべる。現実が夢みたいで、信じられなくって、全然ねむれない。いっそのこと起きてしまえ、きょうだけは乗り切って、あすは存分に寝てしまえ。

高圧的説法

いまの幸せはあたりまえじゃない。あたりまえだとおもった瞬間、わたしは腐る。ひとの才能なんて不確かなものはちっとも信用できないけれど、もしこんな環境を手にしたとして、それが長らくつづいたとして、だとしたら人生において世界のだれをも魅了する一…

逆手の意思

2日間しっかり8時間ずつ寝たらすっきりと朝目覚めることができた。睡眠にまわした時間により断念したことは多々あれど、目先の健康を差し置いてまで取り組むべきことではない。もし必要以上に自分を追い詰める者があるとすれば、その者自身が焦っているか、…

がまん。

殴られると安心するんだ、言うと、彼女はとても危険な思想ね、と笑った。ほんとうにそのとおりだね、わたしは答えるけれど、この思想に誇りをもつ幼い少女の存在を知る。

バトンパス

ハッと目覚め時計を確認すると朝の6時半だった。ぐったりする身体の重みを感じつつ、ろくでもない休日だったとおもう。この3日間わたしがやったことといえばひたすら嫌悪に陥るばかりで、非生産的自傷を行い恍惚にさえ浸った気がする。 休むことが昔から苦手…

苦悩のふりこ

徒歩10分のところ、気づけば40分かけて歩いていた。とまらない妄想を振り払うよう右足と左足を前に出す。出しつづける。哀しみが怒りに変わり、また哀しみに変わる。連鎖をくりかえす。 「いい?みんな、芸術家になんてなるものじゃないわよ。人生、そんなに…

感情転換

昨晩の衝動を抑えたとおもったら今朝猛烈なそれに襲われ、わたしはまた主導権を奪われた。三連休の初日だというのに休みの感覚がない。ひとりの時間はどんなに自身を追い込もうと自由だ、その抑圧から、わたしは挑むことも、挑まざることもできず、感情を猛…

ブレーキ キキ

やりたいとかやりたくないとか、仕事による自己実現を長らく求めていたわたしだけれど、突き詰めていくと気づくのは自分のやりたいことなど取るに足らない、どころか、そもそもほんとうにやりたいことなんて特別ないんだ、ということだった。 つまるところ、…

怒りの昇華

どこがわるかったとおもう、聞かれ、閉じかけた扉を抉じ開けられるに最大の抵抗感がわたしを襲った。そりゃあ、自分に自信があるときはなんだって言える、自覚もなく扉に無理やり手をかける、姿勢に敵意が湧く。 その行為にいかなる好意が含まれていたとして…

かさぶた前

「たのしかった?」 聞かれたので満面の笑みで答える。 「たのしかったです!」

不和の兆し

“日本を変えるのは君だ。” 貼り出されたポスターに目眩がする。となりに集う若者数名はお互い名刺を交換しながら、ぜひ起業しましょう、と握手を交わす。目がぎらぎらしている。独特の野心が漂ってくる。この手の“パーティー”は日本中で行われているんだなあ…

沈黙の選択

すみません、すみません、すみません。すみませんを多用すると落ち着くから、現状は変わらないくせすみません、と言う。すこしでも前進したくって、誠意を示したくって、けれど口からこぼれ出る逃げ腰のすみません、にわたしは余計落胆する。 慣れない飲み会…

遭遇の極意

がはは、と豪快に笑う白髪の大男はわたしをみるなりよく来たな、と言った。よく来たな、という割りに大男ははじめ、わたしのことをよくみてはくれなかった。 それでもなんとか状況に食らいつきたくって、わたしはずっとずっと大男の瞳の奥の奥をみていた。じ…

無垢な狂気

いつもどおり帰った自宅で、いつもどおりでない出来事が起こった。ドアを開けた瞬間蠢く人影に戦慄する。まさか、とおもう。まさか。ここまでやるなんて。人影は玄関の物音に気づき振り返ると茫然と立ち尽くすわたしをみるなりにっこり、微笑んだ。 「おかえ…

はじめの一歩

きょうはニュウシャシキだ。電車に揺られながらそわそわと落ち着かないこころをおさえて、なんとか社会人三年目にみえるよう、背筋をぐっとのばしてみた。見慣れない外の景色を横目でみながら、きょうからシャカイジンなんてすごい、と改めておもう。

どうかそのまま。

届くはずのない宅配便がみっつも届いた。段ボールを開きみると、実家に置いてきたはずの服がしっちゃかめっちゃか詰め込まれている。普段着で通勤するから、とあれほど伝えたのに大量のワイシャツと、上下別ブランドのスーツまでみつけた。わたしはおもわず…

壊れた時計

ひさしぶりにきいた親戚のおじちゃんの声に、わたしはようやく自分の居住まいを正せる日がきたんだ、とおもった。 「おじちゃん、ひさしぶり。あのね、ありがとう。よろしくお願いします。」 おじちゃんは噛みしめるようによかったなあ、と言うと、まさか囲…